地域による特徴

パラセーリング

空からの景観が異なります

沖縄ではパラセーリングの人気が高まっていますが、沖縄のパラセーリングは空に舞い上がりながら、青い海を下に見られるのはどの地域でも同じように楽しむことができますが、地域によって別の楽しみ方があるのも特徴になっています。沖縄でパラセーリングを行っているエリアは那覇などの南部エリア、それにリゾートホテルが林立している中部エリア、手つかずの自然林が残された北部エリア、そして沖縄本島周辺に点在する小さな離島エリアになります。南部エリアは多くの観光客が宿泊するホテルが近いこともあり、気軽にパラセーリングに参加できるのが特徴です。街近くから沖にボートを走らせることによって水はどんどん青さが濃くなっていき、遠くに見えるビルを見降ろせるように見られるのもこのエリアの特徴です。中部エリアは青い海だけでなく、切り立った岸壁などの景観も楽しめるのが特徴です。有名なダイビングやシュノーケルポイントにも近く、パラセーリングと他のマリンレジャーを組み合わせたツアーにも参加することができます。北部エリアはリゾートホテル以外に他民家やビルが少なく、空から青い海と濃い緑の森を見られて自然観最高のパラセーリングが楽しめます。最後に離島エリアは、周りを白くて美しい砂浜に囲まれた小さな島が多く、パラセーリングで上空に飛び立つことによって陸上からでは見ることはできない島の全景を見られる貴重な体験ができることが特徴になっています。